新しいエコーのご紹介

病院案内 診療案内 専門診療 健康診断 スタッフブログ 求人案内

スタッフブログ

2020.07.17

新しいエコーのご紹介

新しいエコーの紹介をします。

ARIETTA(アリエッタ)850、と言います。

日立が販売する機種の中で一番の高性能であり、本来大学病院で使われているような機種です。

 

エコーが苦手なのは、大型犬全般(大きいのでビームが届かない)と猫の心臓(小さくて速い)、と言われています。

従来のエコーを大型犬で使う際には、ある程度精度を落とすことで深い位置まで観察していました。

それでも、大人しくできない場合、食後である場合、肥満である場合など、どうしても見えないケースもありました。

 

こちらは、先代エコーを使用した、我が家の”もなか”の心臓です。

8年半使い込んだ機種で、とても大人しいモデル犬で検査をしています。

この画像でも、営業さんからは「良く見えています」と評価を頂きました。

同時に、「能力の限界です」とも言われました。

 

次に、新しいエコーでの画像です。

モデル犬は同じですが、エコー自体は納品されて1時間未満、初めて触った時の画像です。

先代エコーの画像と比較して、きめが細かい画像となっています。

(より小さな点点で絵が構成されています。画素数が高いとも言えます。)

 

次に、心筋の収縮力を評価するときに使用する、Mモードの画像です。

上が先代、下が新エコーです。

先代

新エコー

こちらの方がよりはっきりと違いが感じられます。

Mモードは、先のデータを輪切りにして、厚みを計測するモードです。

先代では画像を作るだけで精一杯であり、Mモードを作る余力が残っていません。全体的に黒い画像となりました。

 

一方、新エコーでは、はっきりと血液を貯めている黒い部分と、心臓の筋肉の白い部分が、はっきりと層になって描出されました。

 

大型犬でこれだけハッキリ見えるのか、スゲーなこの機械、と純粋に驚いています。

 

スタッフブログ一覧

2020.11.16
カレンダー配布はじめました
2020.11.11
ららぽーとの雑貨
2020.11.11
「うさぎさん洗ってみた」
2020.10.23
もっと地味なリニューアル②
2020.10.23
地味なリニューアル①