食物アレルギー=花粉症 (5/17中日新聞朝刊より)

病院案内 診療案内 専門診療 健康診断 スタッフブログ 求人案内

スタッフブログ

2022.05.18

食物アレルギー=花粉症 (5/17中日新聞朝刊より)

2022年5月17日中日新聞18面、「健康」の記事です。

大人の食物アレルギーは花粉症が原因である可能性がある、というタイトルです。

大人になってから発症する、果物や豆乳が原因のアレルギー症状は「花粉-食物アレルギー症候群」略称(PFAS)であることが多いそうです。

果物や野菜には花粉と似た構造のアレルゲンを含むものがあり、PFASを発生させるそうです。

 

私の私見です。

花粉の時期は痒みを我慢しても仕方がない。薬を飲むしかない、と考えています。

 

低アレルギーの食事を食べていても、時期・季節により痒みが認められるワンちゃんがいます。

→低アレルギー食が効果が無くなった?と悩む飼い主さんがいます。

 

また、食事・おやつは変更していないのに、突然痒みを発症する子がいます。

→食事・おやつが合わなくなった?と考える飼い主さんがいます。

 

食事を変更する必要はありません。

その食事で調子のよい時期があったのなら、その食事を継続してください。

変更した先の食事が体に合致するかはわかりません。

終わりのない食事探しの旅になる可能性があります。

 

花粉症の時期は薬を飲んで凌ぐしかないと考えています。

投薬は季節が変わるまでの長期間になることもありますが、今は副作用のない「アポキル」があるので安心です。

(コストだけはご了承下さい・・・。)

 

花粉の時期は我慢しても仕方がない。薬を飲むしかない、と個人的に考えていました。

この新聞記事を見て、「そう考える人が他にもいるんだ!!」と心強く思いブログにしてみました。

(この新聞記事のヒトでのお話です。動物が対象ではありません。)

スタッフブログ一覧

2022.06.10
ペットホテル値上げのご案内
2022.05.26
ドックフード値上げの案内
2022.05.18
食物アレルギー=花粉症 (5/17中日新聞朝刊より)
2022.05.13
カクレクマノミが産卵しました 5/18追記♂♀逆のようです
2022.05.13
待合室のベンチを新調しました。 ケーキの話も少し